読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

「時をかける少女」

アニメの方をきのうテレビで初めて見ました。わたしがリアル高校生の時は、原田知世主演の映画が一世を風靡していたものです。わたしは映画は見てないけど、知世ちゃんの写真が表紙になっている文庫本を買って読みました。
で、2006年のアニメの方ですが、よかったー。SFものとかタイムリープとかそういうことは置いといて(あまり興味ないの)、青春映画としてみて、胸キュン(死語)でした。登場人物と同じ高校生の時に見ても泣いちゃいそうだけど、そういう季節がもう二度と戻らないものになった年代(わたし)で見ても、泣けました。わたし、アニメのこととかあまり詳しくないんだけど、絵もきれいで音楽(ピアノ演奏)もすてきで、夏休み前の感じがなんともなつかしくて。入道雲が印象的。
ただひとつ、高瀬君の扱いはあんまりだと思うの。ちゃんと救ってほしかったわ。