住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

今日みた夢


夢の中で、わたしはいなかの家に住んでいました。いなかの家があった団地にはガーデニングサークルみたいなのがあって、お花が好きな住人の皆さんが公共スペースの花壇のお世話をしていました(これは本当)。そのサークルと近隣の同じようなサークルの人たちが、なんか猫の扮装をして続々と集まってくるのです。わたしはどうやらいなかの家に戻ってきたばかりのようでわけがわからず不思議に思っていると、今日は「ねこねこフェスティバル」を団地の上の公園でやるから、よかったらいらっしゃいと言われ、それはどうやらハロウィンみたいな感じのようで、言われてみるとサークルの人のお庭には黒猫のオーナメントがさりげなくあしらってあったりして、わくわくしながら家に戻りました。すると、家には自治会の役員さんがまわってきていて「ねこねこフェスティバル」にはサークルの人以外でも参加できるからどうぞと案内されていました。わー、これはいかなきゃ♪ と用意し始めたところで目が覚めました。いい夢だったなあ。