住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

大人の階段昇りかけ

最近遠くも手元も見えづらくなりまして、眼鏡をつくりなおすことにしました。若い時から近視と乱視の矯正はしています。前に作ったとき(もう10年くらい前?)には、まだ老眼はあまりすすんでないから今までの眼鏡の度数を強くするだけでいいと言われて、ほっとしたりなんかして。
でも、この数年、遠くがよく見えない(これは近視というより乱視によるものらしい、わたしの場合)し近くもだめだめ。眼鏡をかけたままだと、字を書くときもどんなふうに書いているのかよくわからなくてただでも下手な字がいっそう見苦しいものになったり、針に糸を通すのも大変。眼鏡をはずしたほうがはっきり見える。でも、かけていないとパソコンの画面ははっきりとは見えません。料理する時(料理に限らず家事全般)も眼鏡は必要。外出時は必需品。でも、今の眼鏡じゃ見えづらい。第一、ちょっと傷みもある。レンズとかね。で、消費税があがる前に作りなおすことにしたのです。
眼鏡屋さんで検査してもらうと、近視と乱視は前と比べてそんなにすすんでないとのこと。しかし、老眼はきてました。ええ。しかも、ここ2、3年でまだまだ進むだろうと言われました。ううう。
対策として
その1 遠近両用眼鏡を使う。
その2 近視乱視の眼鏡と別に手元用の眼鏡(老眼鏡ってこと?)をあらたにつくる。
のふたつの方法を提案されまして、ただし、老眼はまだまだ進むから、遠近両用や老眼鏡を今作ってもすぐ使えなくなるだろうとのこと。さて、どうしよう。
結局、近視乱視の眼鏡を少し度が強いもので新調し、その新しい眼鏡だと料理をする時なんかは若干見えにくいらしいので、今使っているのを室内の作業用(家事とか)にして、手元を見るときは眼鏡をはずすということで対処していくことにしました。なんかめんどうだけどしょうがない。オトナの階段、少しのぼりました。


フリージア、香りもいいです。