読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

「危険なアルテ」の思い出

https://www.instagram.com/p/BP15BiylCrA/
洗面所であそぶ黒い物体。 #cat #猫 #イマネコ

洗濯機のところでお仕事していると、黒猫が遊びにやってきました。洗面台にとびあがり一人でなんかやってます。イタズラはしません。いい子です。

先代猫のアルテは控えめな性格で気を使うタイプ。甘えたいときもわたしの様子を伺って、忙しそうにしていると遠くからじっと見て待ってるような猫でした。一方黒猫はわたしの都合なんておかまいなし。抱っこしてーーーーーと飛びついてくるし、我が物顔に家中を跋扈し、細かいことを言うようですがニンゲンの足とか枕とか平気で踏んでいきます。寝ている時に頭を踏まれたこともあります(泣)。アルテはもちろんそんなことはしません。教えたわけではないのに、枕を踏んづけたりもなかったです。ああ、アルテの爪の垢を煎じて黒猫に飲ませたい…。

しかし、アルテには重大な欠点があったのでした。彼女はなぜか洗面台でトイレをするという癖があったのです! 入り口のドアが開いているとすっとはいっていって…。そういう癖に気が付いてからはドアを開けっぱなしにしないように気をつけましたが、洗濯する時とかでたりはいったりでつい開けたままその場を離れてしまうと、やられてました…。ううう。あと、ドアの閉め方が甘くてもだめで、カチッと音がするようにしっかり閉めないとドアを押してあけて洗面所に侵入。だから、洗面所の外から鍵をかけたりもしていました。開放して風を通したいときには、洗面台に板をかぶせたりしました。もう面倒で。それだけが玉に瑕でした。わたしたちは「危険なアルテ」と呼んで、洗面所をアルテから守るのに気を使いました。

いろいろと悪そうな黒猫ですが、幸いアルテのようなくせはありません。洗面台にのぼって遊んでいる黒猫の姿を見て、久しぶりに思い出しました。