住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

夏の終わり

f:id:nyangoro:20170828214400j:plain

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」という映画を見に行きました。イギリスの薬物依存症のホームレスの青年と一匹の野良猫のお話です。実話に基づいています。いろいろ考えさせられる映画でしたが、なんといっても猫のボブがかわいい‼ 何匹かで演じているそうですが、本猫もかなりの部分出演しているんですよ。ジェームズ(ホームレスの青年)の肩に乗ってるところやハイタッチするところは本猫ですね。タレント猫ではない、もとは野良猫だったボブですが、カメラを前に堂々と落ち着いて演じています。すごい。動物がしゃべらないのもいいです。猫の表情と仕種から気持ちを読み取ります。しゃべらないけど、カメラワークが時々猫目線になるのがいい。
ジェームズとボブの幸運をねたむ人間、お金で物事を解決しようとする人間も登場します。貧富にかかわらず品格のない人っているんです。薬物依存で貧しくてもジェームズには品格があると思います。だから、彼を支えてくれるすてきな人々に出会えたのではないでしょうか。劇中で、成功したジェームズが言います。「自分はまわりにいる人に恵まれていた」(ウロおぼえ)と。様々な困難が一人と一匹に降りかかるけれど、最後はハッピーでとても嬉しかった。夏の終わりにいい映画にめぐりあえました。
ちなみに猫のボブだけではなく、ジェームズ本人もちらっと出演しています。心温まる映画です。
bobthecat.jp






今日で八月も終わりですね。相変わらず暑さが厳しくてうんざりしています。でも、空気は乾いてきて、秋がじわじわとやってきているのを感じさせます。はよおいで。
f:id:nyangoro:20170831094114j:plain

この花が咲くと秋がくるのだ。