住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

春ですね

この冬は本当に暖冬だったんですね。袖口をカバーするこんなグッズを用意していましたが一度も使いませんでした。

f:id:nyangoro:20190317212302j:plain

三月も半ば過ぎ、今週はお彼岸ウイーク。それなりに慌ただしくなりそう。あっという間に月末になりそうです。



においがもれないゴミ箱を台所に導入しました。ストレス軽減🙆

出発しよう

f:id:nyangoro:20190311211824j:plain

ジジの四十九日法要をしました。
🐾
はやいなあ。もうそんなになるの? 黒いもふもふにストーキングされていたのは、昨日のことのようなのに。
🐾
なじみのお花屋さんが、きれいな花束を作ってくれました。ジジ、よかったね。
🐾
お骨はまだ手元においてますが、今日を節目に少しずつジジのものを整理しようと思います。春の青空の下、ジジも私も新しい出発です。



ジジはもう新しい世界になれたかな? わたしはまだまだです。寂しくってしょうがない。ビロードみたいな毛皮のジジをまた抱っこしたい。ジジとゆるっと過ごしたい。そんなことばかり思っています。でも、少しずつ進まないとね。


春。生命の力を感じるすてきな季節だけど、カフーンがとびまくってしんどいよう。やっぱりもう少し冬眠したいよ。

一か月が過ぎました

ジジが遠くに行ってしまってからちょぅど一か月になりました。まだ一か月。もう一か月。正直寂しくてたまりません。






昼寝をしているといつもジジがやってきていました。別の部屋にいても同じ部屋の別のところにいても、わたしのところにきて一緒に昼寝をするのです。特に声をかけなくても。


「もうジジはこないんだなあ」と思いながら、今日もうとうとしていたら、ちゃぴがやってきました。そして、ジジがしていたように布団の上にのって一緒に昼寝をしたのです。夜は一緒に寝ることもあるけどお昼寝タイムには初めてで、とても嬉しかった。



ジジのものをなかなか片づけきれないままでいます。来月の四十九日が終ったら整理して、なんでも部屋にもちゃぴをいれられるようにするつもり。





f:id:nyangoro:20190222234029j:plain