住めばそれなり ごろ日和

黒猫とその飼い主(にゃおりん)のごろごろな暮らしをゆる~く発信

こたつについて

こたつは冬のごろごろライフの快適さをアップしてくれる素敵アイテムのひとつだと思います。しかし、快適さを保つにはまめさが必要でもあるアイテムで、たいていの場合、こたつの罠につかまると、だらだらごろごろ過ごしてしまいがち。こたつ布団のせいで部屋も狭くなるしほこりもでるし、大人になって長いことこたつのある暮らしから離れていました。
しかし、今の家で暮らすようになって、あまりの寒さに(暖房はエアコンのみでききにくい。)耐え切れずこたつ導入。それより前に猫バカ飼い主は猫用こたつなるものを購入しており、冬場には大小ふたつのこたつが家の中に鎮座しております。

これがその猫専用こたつ「小春日和」。電気代も人間用ホットカーペットを使っているより安く紫外線をつかっていないので目を痛めないし、電源コードも猫がかじっても大丈夫な特別仕様。どうだっ。

こたつにはいってるアルテ。はまアルちゃんたちはこれはけっこう好きで、よく中にもぐったり上にのって昼寝したりしていました。なのに、現猫のジジはあまりお気に召さないようで、全然はいらないわけではないんだけど、ぬくぬくこたつよりはにんげんと一緒にいるほうを好み*1、まして茶の間にこたつがあるとなるとそこでくつろぐのがすっかり定番。せっかくの猫こたつもこの数年は無用の長物…。
そして、人間のこたつも寒い間はいいんだけど、だんだん暖かくなってくると布団じゃま。うっとうしい。でも、急に寒くなる日もあるし、夜はまだ冷えるし…などとぼやぼやしてると、もうだらだらの温床。部屋はいつまでたっても片付かず布団に猫毛もくっつきまくるし、精神的にもよろしくない状況になるのです。今年はそれがいやで、寒い春だったにもかかわらず、人間こたつの布団は早々に撤去したのでいいけど、猫こたつはいまだだしっぱなしにしていました。使ってないとはいえやはり布団など洗ってからしまいたい。梅雨入りへのカウントダウンが始まったというのに、いまごろ気づいてあせっています。
こたつは大きくても小さくてもめんどくさいから、ごろごろ人間が使うには覚悟が必要だというのが、わたしが得た教訓です。でも、今度の冬もまたこたつにもぐりこむんだろうな。でも、猫用はもうだしません。たぶん。

*1:猫用はスペースの都合上茶の間に置けないので別の部屋に置いていた。その部屋は暖房がこわれていてふだんあまりいない部屋で、でも、そこでわたしがなにかするときにくっつき虫のジジが寒がるだろうと思って置いていた。